概念

30年以上も前に、異邦人の私は来日しました。
日本の社会、人間、生き方がとても気に入り、永住者として日本に住んでます。
人生は山あり谷ありと言いますが、私も沢山のことがありました。
悩みや苦しみが全く無い人間はいないと思います。

日本語とは、言葉による単なるコミュニケーションツールだけではありません。古代からの日本の言葉には、言葉では表せない社会的な慣習や、プロトコルがたくさん含まれており、西洋人の心とは大きく異なります。

日本は世界から“The Land Of The Rising Sun”『日出国』と呼ばれています。本来はSunは太陽ですが、私なりに解釈し、SunをSon(息子)として擬人化し、Land Of The Rising Sonとしました。
毎朝太陽と共に起き、良い人生を行うように行動をする。息子と言っても、勿論女性の方にも読んでいただきたい内容です。
“Rising”の“Rise”は本来は起きるという意味ですが、私は『人生をもっと上昇させよう』という意味で使っています。
我々の日本が、古き良き日本らしさを残しつつ、もっともっと良い方向へ進化していくことを願い、そして日本の皆さんのために、私はこのホームページを制作しています。

人生は偶然の連続だと私は思うのです。私がこんなに興味深い人生を過ごすことになるとは、誰が想像したでしょう。学校で教師から見た私は、あまりできのいい生徒ではなかったかもしれません。そして伝統的な学習と言う響きは、その当時の私にとって、平凡で刺激のない事に思えました。幸せの反対は悲しみではなく、退屈なことだと思うのです。日本での生活は、日本の文化や生き方を身につけながら、様々なビジネスベンチャーから、日本語の深い学びに至るまで、私に多くのチャンスを与えてくれました。

さて、経験は一番の先生と言えます。これは間違いないでしょう。日本の複雑な面を理解することは、大変困難なことだと思います。私も自分の経験と、その経験から知る教訓を、実際に生かすのには時間がかかりました。しかし一旦気がつくと、ある種の悟りが訪れます。

 

このLand Of The Rising Sonでは、東京郊外の田舎町で、妻と5匹の猫(パンケークス、トゥインクル、シナモン、グレイス、ジャスミン)、そしてカナダ・ブリティッシュコロンビア州中部の、小さな町からやってきた私との暮らし、そして30年を超える日本での経験と考察について綴っています。

このホームページは、読者やリスナーの皆様に、ユーモアも交えながら、様々な情報を提供したり、学び、楽しんで、豊かになってもらうことが狙いです。

日本という稀に見る特別な社会と、日本の古来からの言語については、ポッドキャストブログで、ぜひ読んで、そしてお聞きください。

人生は色々である

  • クランキーオールドバスターズのブルーズロックトリオのベースになる
  • クランキーオールドバスターズ の歌詞作成
  • 日本の国民の総合的な健康のため機能性食品の輸入業務を開始
  • 日本人の 喜びのためカナダの 限定作品アートレンタルビジネスを開始
  • カナディアン2×4受託部材を輸入して、カナダ人大工さん3人頼んでマイホームを建築
  • フォトショップ1.0のソフトを使ってグラフィックをデザイン
  • 効果音のソフトをローカライズしてソフトと効果音をネット販売
  • アメリカンネットワークマーケティング会社の準備室のコンサルタント
  • 有名なサイエンスジャーナル出版社の論文記事の校正
  • 英会話塾を設立と運営
  • 小さい重機レンタル会社の輸出マネジャー(バブルの時は私たちの様な兄弟にもかかわらずに、一応“成功“でした)

  • 日本語能力試験2級合格

  • 日本一のオートセンターのトレーニングビデオのナレーション

  • カナダの故郷へ高級車を輸出

  • インドのアニメ会社に依頼をして、クランキーオールドバスターズの「居候」のアニメを作成

  • 様々な他人の手のマサーッジを始め、人生の意味について語りあう

  • あわび祭りのホームビデオを作成

  • ミネラル、ビタミン、プロティンサプリのみ2週間の断食

  • カナダにあるプランクトン園と独占契約を結び、洗練された機能性食品原料を開発

  • 日本のカナダ大使館で、新しい機能性食品に関してのプレゼンテーション

Rule Of The Dead

Rule Of The Dead

Ethics were not different from religion, religion was not different from government, and the very word for government signified “matters-of-religion.”

To obey was piety, to disobey was impious, and the rule of obedience was enforced upon each individual by the will of the community to which he belonged.

死者の掟

死者の掟

倫理は宗教とは異なるものではなく、宗教は政府とは異なるものではなく、政府という言葉はまさに「宗教の問題」を意味していた。

政府の儀式はすべて祈りと犠牲に先立って行われ、社会の最高位の人から最下層の庶民まで、すべての人が伝統の法則に従っていました。

神道の発展と進化

神道の発展と進化

かつて祖先の霊は、原始社会がまだ重要な特徴を持つ階級を発達させていなかった頃、多かれ少なかれ神と同じように考えられていました。

その後、社会自体が大きいものと小さいものに分化された様に、祖先の霊への考え方も分化していきました。

地域社会

地域社会

家庭の「宗教」によって各個人が家庭生活のあらゆる行動を支配されていたように、村や地域の「宗教」によって、それぞれの家族が外界とのあらゆる関係を支配されていました。

家庭の「宗教」と同様に、地域社会の「宗教」もまた、祖先崇拝に基づいています。

日本の家族

日本の家族

先祖崇拝には、宗教的・社会的な進化の過程で3つの段階があり、それぞれが日本社会の歴史の中に見られます。

第一の段階である家庭は、定住文明が確立される前、まだ国家的な支配者がいないときに誕生したもので、長老や戦国武将を領主とする大一族でした。

古代の道

古代の道

八雲は、すべての文明の黎明期はカルトであり、それを経て初めて “宗教 “に変わると考えていました。

日本人に、あなたの信仰する「宗教」とは何ですかと尋ねたら、ほとんどの人が「私は無宗教です。」と答えるでしょう。

かつての日本人には「宗教」が無く、今でもそうだと私は考えます。

奇妙さと魅力

奇妙さと魅力

八雲の親友の一人が彼に言いました。「日本に住み、これから4、5年経っても日本人をまったく理解できないと悟った時、その時から何かを知り始めるだろう。」
明治時代の日本人が、西洋人の八雲に言ったこの鋭い言葉は、今も当時と同じように、私の心にも残っています。

右脳・左脳 – パート6

右脳・左脳 – パート6

アメリカ人の多くは、その行動や言動から見ても左脳優位の人々だという事が、最も分かりやすい例です。日本人は、アメリカ人を地球上で最も予測不可能な人達と見なしているのですが、それは確実に定義された社会的形態、秩序、プロセスが存在しないためです。

ギャラリー

最新情報を入手する

Pin It on Pinterest